CSRコミュニティのビジョン

スライド05.jpg
本業を通して地域に貢献す
る地球人の集団。

あなたは「サステナブル(=持続可能)な経営」と言われて、どんな経営を思い浮かべるでしょうか。サステナビリティや持続可能性といった用語は、現代では一般的に使われるようになってきましたが、この用語の意味はとても曖昧で、あらゆるシーンで便利に使われるようになってしまっています。

「サステナブルな経営」といった場合、ともすれば「企業活動が持続すること」を指すと思われがちです。実際そういう意味で使っている方もいることでしょう。このような立場の人達は、企業活動が持続するために、環境・社会・経済のいわゆるトリプル・ボトムラインをバランスさせることが大事であり、それを行うことがCSR=企業の社会的責任だ、と主張しています。

私たちの立場はそれとは異なります。

サステナビリティは、そもそも自然の環境容量の中に人間の活動を収めることで実現します。環境の範囲内に社会活動があり、社会の範囲内に経済活動があるのです。

ここでいう「サステナブルな経営」とは、社会的福祉を、ひいてはその基盤となる自然環境を、将来にわたって維持・向上させることに対して、企業としての役割を果たしていくこと、を指します。

そしてCSRとは、「企業活動が持続するために必要な社会的責任」ではなく「社会とその基盤である自然環境を維持させるために企業に課せられた役割に対する責任」だと私たちは考えます。

CSRとは、環境活動でも社会貢献でもなく、企業の存在価値そのものではないでしょうか。

CSRコミュニティについて

当CSRコミュニティでは、社会や地域、地球全体にとってすばらしい企業へ取材させていただき、その取り組み事例を記事として掲載していきます。

最近の社会で私たちの抱える問題はきりがない程たくさんあります。そのような社会の中で、企業という立場で社会に対して出来ること、役に立つ事に真剣に取り組まれている方々が見えます。

そのような「天然CSR企」が、もっと広く社会に知って頂けるようにご紹介させていただき、それらの方々が同じ仲間としてつながりを持つことで、同じようなことを実践する企業の広がりが起きれば、社会はもっといい方向へ(サステナブルな社会へ)向かえるのではないかと思っています。

また、経営者の方々への取材記事を掲載していくことで、若い人達にもこれからの生き方へのヒントや志のようなものを見つけて頂けたら嬉しいです。

「今私たちにとって本当に大切なものは何か」を、皆さんと一緒に考えていきたいと思っています。

天然CSR企業とは

CSRコミュニティ」の運営事務局を担うサステナブル経営研究会では、企業の永続的な発展をテーマとして中小企業の経営を考える研究会を重ねてきました。そして、企業の永続的な発展に欠かせないのが、CSR、つまり社会との関わりであると感じてきました。また、平成18年と平成19年の2年間に亘り環境省からの委託事業としておこなった「中部地域におけるパートナーシップに基づくCSR活動調査」において、173社のアンケート調査と40社以上の企業を訪問する中で、「小さくてもキラリと光る」会社と出会いました。こうした会社は、ほとんどがCSRという言葉や理念を意識しておらず、また積極的な情報発信もしていない会社がほとんどでした。加えて、営利企業として立派に業績が伴っていることに驚かされました。

私たちは、こうした会社を「天然CSR企業」と勝手に名付けさせていただき、もっと広く「こんないい会社があるんだ」「こんな魅力的な経営者がいるんだ」ということを知ら せたいという衝動がわき起こりました。それをカタチにすべく、スタートさせるのが「天然CSR企業によるコミュニティ」づくりなのです。

CSRコミュニティの「天然CSR企業」基準

 CSRコミュニティでは下記を基準として天然CSR企業と呼びます。

1.【サステナブルな理念性】
社会的役割を認識し、人類的願いに通じる理念(顕在的/潜在的)を持っていること

2.【サステナブルな事業性】
地域の課題を認識し自組織の活動を通して課題解決に貢献できる実践をしていること

3.【サステナブルな協働性】
CSRコミュニティの一員として互いに協力し合って地域責任を全うする意思のあること   

CSRコミュニティ発起人の皆様

株式会社 エステム 常務取締役 由利信太郎
株式会社 コミュニティタクシー 代表取締役 岩村龍一
株式会社 新和建設 代表取締役 吉村良三
株式会社 鶴田商会 代表取締役 鶴田清
株式会社 にんじん 代表取締役 伊勢戸由紀
株式会社 中西 代表取締役 笠原尚志
株式会社 マツザワ瓦店 代表取締役 松澤考宏
株式会社 山田組
代表取締役 山田厚志
株式会社 リバイブ 代表取締役 平沼辰雄
有限会社 ワッツビジョン 代表取締役 横井暢彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(企業名50音順)