企業情報

CSR指標
株式会社中島工務店の指標グラフ図
商号 株式会社中島工務店
会社設立日 昭和31年3月28日
代表取締役 中島紀于
本社所在地 岐阜県中津川市加子母1005
資本金 5,000万円
事業内容 ■設計・施工
注文住宅/住宅リフォーム/社寺建築/文化財・伝統建築/商業建築/公共建築/土木工事/舗装工事/
造園工事
■製造販売
砂利、生コン、コンクリートブロック/建設機械/ダイヤモンド工具
■山林の育成
■店舗経営
従業員数 205名

CSRの取り組み内容

この企業の特徴は「完結型林業」。加子母では3,300人950戸の誰もが山を持っている。木を植え、育て、伐出し、原木市場までを加子母森林組合がやり、製材屋18社があり、集成材工場、プレカット工場、造作工場、木のなんでも市場を(協)東濃ひのきの家がやり、建築屋10社、左官屋、板金屋、建具屋、瓦屋、水道屋、電気屋・・・全ての職人が揃っている。

都会へ出て家づくりをする事で加子母の産業は全て成り立つ。これを「完結型林業」と言う。



CSRに関わる経緯・動機

中島_大工.jpg

加子母は、高速道路を降りて車で約1時間のところにある、面積の94%が森林という山村です。檜の自生地であり、伊勢神宮の社殿を造り替える際の木材を提供するなど、昔から林業の盛んな地域でもあります。

その地で、中島社長は46年前から土木事業を中心に工務店を営んできました。国道を造り、トンネルを掘り、上下水道を整備してきました。林道を作り、治山治水工事もしました。しかし、その頃はちょうど林業が衰退の傾向を示していた頃。工事をした先にある山は、荒廃を始めていたのです。

「土木工事だけで加子母の山林が未来永劫、健全に保全されるわけじゃない。山で飯が食えるようにせんと。」

この工務店は31年前に建築工事の仕事を始めます。東京・大阪・名古屋に出掛けては、加子母の材を使って家を建ててくれるお客さんを探し、大工を派遣し、家を建ててきました。この事業は「産直住宅」と呼ばれ、林業と消費者をつなぐ重要な地域の産業となりました。

企業としてCSRが成り立つには

企業は地域のために存在する。そのために必要な事業を形にしていく。


1 地域の産業を、雇用を守っていく

中島_スーパー.jpg

加子母の人口は、約3,300人。かつては4,000人いたということですが、山里の割に驚くほど人口減少が進んでいません。周辺の自治体が過疎指定を受ける中、加子母だけは例外だったようです。そのことと、この企業の存在は、決して無関係では無さそうです。

この企業の業務内容で、他の工務店では決して見られない意外な業務があります。それは、「生鮮食品、書籍等の販売」。実は加子母にあるショッピングセンター・アトラは“工務店”によって運営されています。経営が思うようにいかず閉鎖の危機に直面したときに、中島社長がショッピングセンターの経営を引き継ぐことにしたのです。田舎でショッピングセンターが無くなれば、雇用の場が失われるだけでなく、地域の暮らしそのものが苦しくなってしまいます。その後、経営努力により、最近ようやく赤字が解消されそうだとのこと。他にも、ファンファーミング有限会社の立ち上げも担いました。こちらは林業と並び加子母の重要な産業である農業を守るためです。自社農場だけでなく、産直市場などを運営し、加子母の農家の支えとなっています。

「儲かる儲からないの前に、雇用の場を確保しなければどうにもならん。」

地域を守るためには、単なる市場経済、市場競争とは異なる考え方が必要なのです。

 

2.地域の中での自分の役割を認識し、使命を全うする。

あらゆる事業を行っているこの企業ですが、中島社長はこんなことも言っています。「自分は建設業しか分からない。だから、加子母の木材を使ってもらえるお客さんを見つけてくることが、加子母での自分の役割だ。」

ここには、加子母のために森林を育てる人がいます。加子母のために製材する人がいます。加子母のために家づくりをする人がいます。加子母のためにトマトを作る人がいます。加子母のためにショッピングセンターで働く人がいます。加子母のために……。地域には、誰にでも役割があります。そのつながりが実感できれば、地域はこんなにも素敵な魅力を発するのです。

社員、地域の声

地域の声

<中島工務店が投票結果で一位を獲得した、2009年市民が選ぶ!地域企業のCSRセミナーIN東海 参加の感想より抜粋>

まさに地域ぐるみ取り組みで感動しました。「小さな自治国」が積み重なっていい社会になっていくのでしょうね。

加子母村が、これからも楽しく暮らしていける地域でありますように。)

田舎に中にある企業のよさが前面にあふれていたと思います。私も田舎に暮らす住民として、共感する部分がたくさんあり、田舎の人の良さや強みを活かして働いているというところが素晴らしいと思います。都会では味わえないこの「人との付き合い」を体験する機会を提供していって欲しいです。

自分の地域だけでなく、その下流に住んでいる方々のことまで考えてくださって、素晴らしい情熱・実行力・考えをもたれています!

加子母に住みたいと思いました。