企業情報

商号 KYODOU株式会社
会社設立日 1995年12月
代表取締役 澤橋 秀行
本社所在地 富山県高岡市問屋町219番地
資本金
事業内容 警備業務
従業員数 300名

CSRの取り組み内容

◆「地域若者サポートステーション」との連携を生かす

KYODOU株式会社では、事業所のある地域の「地域若者サポートステーション」(以下、サポス

現場風景(リレーマラソン.JPG

テ)との連携を生かして、休職・無職の状況に悩む人を従業員として採用する取り組みを進めている。「サポステ」とは、概ね15歳~39歳までの若者に対し就労に向けた支援を行う機関だ。厚生労働省が委託した全国の若者支援の実績やノウハウのあるNPO法人、株式会社などによって運営されている。

 

「サポステ」を訪れる若者には、不登校や引きこもりを経験していたり、コミュニケーションに苦手を抱えている人も少なくない。しかし、同社では富山県内の事業所では10名程度、横浜の事業所ではなんと従業員の3人に1人程度がサポステを通じて入社しており、月に1~3名程度を面接しているという。「確かに人とのコミュニケーションに苦手意識を持っている人、働いた経験が少ない人もいる。しかし、若くて体力もあり、働きたいという思いのある貴重な人材が埋もれてしまっているのはもったいない」と和田さんは語る。

 

マキ講習風景.jpg

しかし最初からこうした若者の雇用がうまくいったわけではなかった。サポステの職員を講師に招き、若者たちの思いや関わり方について社内で研修を行ったこともあった。また、和田さんや担当の社員がみずからサポステの事務所へ赴き、本人・サポステのスタッフ・同社の社員の三者で丁寧に話すことを大切にしているという。入社後の研修中もサポステのスタッフが来てくれたり、同社もシフトを自己申告制にし、週に1回からでも好きな日に出勤できる仕組みにしている。

 

現在ではサポステからの紹介で入社して5年ほどになるスタッフが、サポステで自ら会社の説明をすることもあるという

 



CSRに関わる経緯・動機

警備業界は求人広告を出しても人が集まりにくい業界だ。同社も人手不足と、それに伴う従業員の高齢化が課題であった。20代~40代の若い社員は会社の存続にとっても不可欠だが、様々な手を尽くしてもなかなか採用に結び付かなかった。

同時に、和田さんの古くからの知人が、40代で家に引きこもり状態にあることを知ったという。こうした状態にある方に、自分が何かできることはないだろうかと考えた。こうした経験から、和田さんと同社の社員は富山の若者サポートステーションを訪れることになった。

 

企業としてCSR活動を継続して成り立たせるには

「やはりこうした事業には『思い』のある社員がいることが大切だと思います。」同社には和田

社員風景.jpg

さんの他にも熱心に若者の採用に取り組む社員がおり、自らキャリアカウンセラーの資格まで取得した人もいるという。「実際に若者が入ってくると他の社員も『育てたい』『何とかしたい』という気持ちが出てくるもの。前述したサポステの方を迎えての研修も、社員が要望してくれたことがきっかけでした」。

 

やはりサポステとの連携がキーになっているようで「やはりサポステのスタッフとか、会社と本人の間に誰かが入ってくれるといい」とのことだ。サポステ以外にも公的機関からの紹介で、就職が困難な方を採用したことがあるが、支援機関のサポートなしでは長く勤めてもらうことが難しかったという。

今後のビジョン

これまでの取り組みが認められ、2015年12月には横浜市の「生活困窮者就労訓練事業」に同社が認定された。生活困窮者自立支援法に規定された制度で、すぐには一般的な就労を行うことが困難な方に、時間を短縮したり、作業を単純化するなどの配慮のもとに生活困窮者に就労の機会を提供するものだ。これを機に、サポステとの連携だけでは出会えなかった39歳以上の方も受け入れていけたらと考えているという。

「より多くの人に会社を知ってもらえるだけでなく、市に認定された会社であるということは、働く人やこれから働きたいと思っている人にも安心してもらえると考えています。」

 

社員の声

入社後は、ベテランの方が現場で一緒に付いてくれました。落ち着いた現場からの担当だったので、安心して仕事をすることができました。一緒に組む方がフォローしてくれるときは、温かいなと感じます。入社して自分が変わったと思うのは、列車見張員の資格を習得したこと。受ける前は落ちたときのことを想像したりしてしまいましたが、そういったときに「やってみた方がいい」と、会社が背中を押してくれました。資格を習得したことで自信が生まれ、それが安心感にもつながっていきました。最初の面接のときに聞いた「考慮する」という点が、今でもここで働いていて良かったと感じるところ。自分のことを考えてくれている気がします。(同社ホームページより、「高岡地域若者サポートステーション」からの紹介で入社した社員)