企業情報

商号 株式会社グローバルママ・ゲートウェイ
会社設立日 平成23年7月23日
代表取締役 矢上清乃
本社所在地 名古屋市中区新栄2丁目11番2号新栄ソレイユビル302号室
資本金
事業内容 ・ 子育て中の女性を対象とした自習室、学び舎momの運営
・ 子育て中の女性を対象とした就労・起業支援・セミナーの企画運営
・ 親子及び女性向けサービスの企画開発・販売促進支援
従業員数 6名

CSRの取り組み内容

株式会社グローバルママ・ゲートウェイでは、主に子育て期の女性を対象に学びと交流の場であ

メイン‗PA073982.jpg

る「学び舎mom」を運営している。

 

妊娠・出産を機に離職した女性が再び仕事に復帰していくにあたり、多くの人は不安や葛藤を抱えている。そんな女性たちに自らの働き方を描くための学びの機会を提供している。

ひとつは自分の特技・好きなことを仕事にする創業セミナーの企画・運営だ。自己理解から事業計画の立て方まで、丁寧にフォローする。女性が子どもを連れて参加しやすいよう、講座とともに託児サービスも提供している。働くことから離れ、慣れない子育てに思い悩むなど、自己肯定感が低くなる人も多いため、カウンセリングの機会も設けている。また、講座の内容も普通の起業講座とは違い、子育て期の女性ならではの心理に寄り添ったものにしている。このような当事者の視点に立ったサービスの内容が利用者の共感を得ている。

また、起業だけではなく、会社員として復職を目指す女性たちが就職する前に短期間だけ企業で就業体験を行う「ママインターン事業」も行っている。実際の職場を体験することで、女性が育児と就労の両立のしかたを考え、イメージすることができるようになるのだ。

加えて、今年からは在宅で育児をしながら働く、在宅ライターの仕事の提供も始めた。子育てをしながら自分らしく働きたいという女性のニーズにこたえる機会を提供する事業を行っている。



CSRに関わる経緯・動機

代表の矢上さんご自身が出産を機に会社を退職した後、子育て期に子育てサークル「ママスタートクラブ」を立ち上げたことがきっかけ。妊娠・出産を機に6割の女性が仕事を辞め、キャリア継続を諦めているという社会課題を前に、単なるママ同士の交流だけではなく、経験を活かした起業や仕事復帰に向けた支援の場こそが必要であることを感じ、起業に至る。

 

企業としてCSR活動を継続して成り立たせるには

通常、こうしたコミュニティスペースを運営する場合には、運営費の確保が課題となる。経営に必要な資金を利用料からの収入に頼ると、利用者負担が高額になるが、子育て中の女性にとって、高額の利用料を払うことは難しい。同社では助成金や企業からの広告収入等を確保することで利用料を低額に抑えることに成功している。

今後のビジョン

ママインターンシップ事業を強化していきたいとのことだ。インターンシップというと、まだ学生や若者が行う就業体験というイメージが強い。「ママインターンシップ」は企業・参加者双方にニーズもメリットもある。働きたい女性にとっては実際に働く前の準備ができ、人手不足の企業にとっては優秀な人材を確保し、その後も長く働いてもらうための条件を整える機会となる。

また、在宅で家事・育児の合間に仕事をしたいという希望を持つ女性も多いため、在宅ライターでの仕事の機会提供も始めた。これからも多様なニーズに応じた、就労の機会提供をしていきたい。

地域の声

・社会復帰を目指す女性のための情報提供をしている機関はハローワークや区役所があるが、それらの場所とは違う情報が得られる。

 ・託児サービスがついているため、ここで何かをする時のハードルが低くなる。

・ 働き方、生き方についてモヤモヤとすることが多い中で、相談に乗ってくれる人がいることがよい。

・提供される情報やセミナーの内容に信頼がおける。在宅ワークの情報などは特に、マルチ商法などの詐欺まがいの情報も多いため。

(学び舎momの利用者の声から)